MuSEUM実験

2011-2016 Research


概要

MuSEUM(Muonium Spectroscopy Experiment Using Microwave)はJ-PARCにおけるミュオニウムの超微細構造測定を目標とした共同実験グループです。茨城県東海村のJ-PARCにおいての実験を目指して準備を進めてきました。

ミュオンとは

ミュオンは標準模型における第2世代のレプトン粒子です。質量は電子のおよそ200倍、陽子の9分の1です。ミュオンには寿命があり、100万分の2秒で正ミュオンの場合は陽電子(電子の反物質)に崩壊します。


ミュオニウムはミュオンと電子の束縛状態です。陽子と電子の束縛系である水素の陽子を電子に置き換えたのがミュオニウムであり、このような系を水素様原子と呼びます。


ミュオニウムはミュオンと電子の束縛状態です。陽子と電子の束縛系である水素の陽子を電子に置き換えたのがミュオニウムであり、このような系を水素様原子と呼びます。


ミュオンと電子はそれぞれスピンをもち、それぞれのスピンが平行な状態と反平行な状態の間にはエネルギー差があります(基底状態の超微細構造分裂)。このエネルギー差を最高精度で測るのが本実験の目的です。


ミュオニウムの超微細構造は1999年にロスアラモス国立研究所で最後に測定されました。その時の測定精度は8桁で、我々はさらに10倍高精度の測定目指して実験準備を進めています。


Reference

AuthorTitleJournalVolumePagesYearComment
AuthorTitleJournalVolumePagesYearComment
K. S. Tanaka for the MuSEUM collaborationDevelopment of RF cavity for MuSEUM experiment in a zero magnetic fieldRIKEN Accelerator Progress Report 2015482016Ž主著
K. S. Tanaka for the MuSEUM collaborationDevelopment of gas system for MuSEUM experimentRIKEN Accelerator Progress Report 2014472772015主著
H.A. Torii et al., (including K. Tanaka)Precise Measurement of Muonium HFS at J-PARC MUSEJPS Conference Proceedings20250182014
K. S. Tanaka et al.,Measurement of Muonium Hyperfine Splitting at J-PARCJPS Conference Proceedings20104052014主著
S. Kanda et al.,(including K. S. Tanaka)Precision Measurement of Muonium Hyperfine Splitting at J-PARC and Integrated Detector System for High-Intensity Pulsed Muon Beam ExperimentJPS Conference Proceedings20250062014
H.A. Torii et al.,(including K. S. Tanaka)STATUS AND PROSPECTS OF THE MUONIUM EXPERIMENT AT J-PARCInternational Journal of Modern Physics: Conference Series3514604352014
A. Toyoda et al.,(including K. S. Tanaka)J-PARC MUSE H-line optimization for the g-2 and MuHFS experimentsJournal of Physics: Conference Series408120732013